ワタクシノート

スキマスイッチと大橋くんとシンタくん、時々秦くんのブログ♪      最近は松室政哉くんもイチオシ!コメントいただけると嬉しいです!

28'58"の意味


昨日から、何度も何度も28'58"を聴いていて、
なんとなく、今年のクリスマスの約束から放たれたメッセージが、
自分なりに理解できたような気がした。

間違ってるかもしれないし、受け取り方は人ぞれぞれなので、
内容は伏せておきます。

読んでいただける方は、
こんな考えの人もいるんだー・・・ぐらいで、
ふふーん、と読んでいただけると嬉しいです。













このメドレーを聴いていて私が感じた事、
愛とか、つながりとか、熱い想いとか。

今年のオーキャンのテーマもそうだったけど、
人と人とのつながりとか、この想いよ届け・・・っていう気持ち、
そして、もし出来れば元気が出ればいいな、とか、
そういうのが今年の28'58"テーマだったのかな?と思った。

震災があったから、人と人とのつながりをテーマに、
そんな曲を、そんな想いの詰まった曲を、小田さんが選んだのかな?って、
今年だからこそ、このメドレーになったような気がする。

離れ離れになった人達、
地元を離れる事になった人達、
離れてしまった事、現実にはたくさんあるけど、
でも 気持ちはちゃんとつながってるよ・・・。

そんな事を、今年の28'58"で伝えたかったんじゃないかと。

一人じゃないよ、みんなでいつも想ってるよ、
そんな事も、伝わればいいなという気持ちから、
あえて、メドレー2回目に挑んだのではないかと。

何でも、2回目になると前と比べられちゃうし、
それをやる事は、すごく勇気の要る事だったんじゃないかと思ったし、
それだけのリスクを背負っても、やらなければならないと思ったのではないかと。
小委員会の決断は、凄かったなー・・・(勝手に想像)と、今更ながら思う訳です。

今回、小委員会の打ち合わせの映像が凄く少なくて寂しかったけど、
そういう事を打合せして、いろんな意見が出ていたから出さなかったのかな?
ぐらいにも思えるようになってきて、うーん、小田さん&小委員会は深いな。
(ホントに、あくまでも私の勝手な想像ですので、お間違えなきよう)


メドレーオープニングのこの部分
 ↓
ずっと  ずっと
君のことが気になってた
いつの日か会いたいと 遠くから思っていた
こうして今日 会えたね
何を言えば いいんだろう
来てくれて ありがとう
嬉しかった 震えるくらい
同じ時を生きていた 別々の場所で
聞かせて君の歌を その声で あの歌を


メドレー最後のこの部分
 ↓
想いは いつか きっと届いてくれるんだね
決して忘れない 交わした言葉を その笑顔を
今日という この日のことを
今日という この日のことを


これが、今年の小田さん&クリ約チーム(?)からの、
最大のメッセージのような気がしてならない。


どうして、私がこんな風に思えるようになったか、というと、
昨日聴いている途中から、息子の事を想いながら聴いている自分に気付いたから。

歌を聴いている時は、よくそんな事があるけれど、
そう思い始めたら、もう、そうとしか思えなくなってきて、
そこからあれこれ考えてみたら、それが一番合っているような気がした。
そう考えると、あれこれ不思議だった事にも説明がつくしね。


私も、音楽の持つパワーには助けられっぱなしだし、
きっと、そんな想いがたくさんの人達の、落ち込んだ気持ちに届いていると思いたいです。



BGM:クリ約2011音源(某サイトにはまだあるよー!)
   スキマのガラナの時の「ビビるんじゃねーぞ!」がエコーみたいに何度も押し寄せる時、
   何回も聴いてるのに、鳥肌がブワーッ!と立つ時があるよ。
   あと、シンタくんじゃない人がピアノを弾いてるガラナは、初めて聴いたよね。

[ 2011/12/31 15:02 ] スキマスイッチ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する