ワタクシノート

スキマスイッチと大橋くんとシンタくん、時々秦くんのブログ♪      最近は松室政哉くんもイチオシ!コメントいただけると嬉しいです!

「Augusta Camp 2012 Premium in KOCHI」放送直前 ミュージックビデオ特集

今、終わった。
結局、持ってるのも結構あったのに、全部観ちゃったし。



今、観終わった直後の感想。
短めだけど、スキマ以外で思ったことを書いておこうかと。

あくまでも、私の思ったことですので。。。





秦くんに、最近興味ないって書いたばかりだったけど、
今日観てて、やっぱりいいなーって思った。

私の好きな「メトロ・フィルム」から始まるとか!驚きだし、
特に、「水無月」のMV最後で、GM映像とかぶってくるところ、
何度も観てわかってるのに、やっぱり泣ける。

途中で、タオル被ってるすごーく良い表情の女性がいて、
その人が映ると、だいたい決まってなぜか泣けてしまう。
今日も同じだった。

で、「エンドロール」は、こんなに季節はずれなくせして、やっぱり泣けた。
いい曲だし、歌もいいよね。
なんだか今更、改めて再確認な感じ。
ゴメンね、秦くん。



あと、さかいゆうくんも、好きな曲目白押しで(笑)、
でも、最後の「君と僕の挽歌」のところでは、
自分なりに、今回のオーキャン高知の意味がちょっと理解できたかも。

この曲を、高知で歌いたかったんだよね。
もしかしたら、社長も同じ気持ちだったとか?
それに、きっとコーラスに参加してくれたりしたお友達も来てくれるんじゃないかな?
で、もしかしたら、この歌のキッカケになったお友達のご家族とか・・・も。


そんな風に思ったら、なんかやっぱり最後は泣けて仕方がなかった。

子どもを亡くした親からすれば、
子どもの同級生の成長はまぶしくて、時には辛いこともあるはず。
勝手に思っただけなんだけど、やっぱりその人がどんな気持ちで聴いているのか、
その人たちは大丈夫なのか、やっぱりすごく気にかかる。

そして、私だったらどうだっただろう?って、
やっぱり、考えなくてもいいことまで考えてしまった。

どうだろうね。。。。。




って、今こんなこと考えてても仕方ない。
とりあえず寝て、明日に備えないと。

さー!早く寝よう!
おやすみなさいm(__)m
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する