ワタクシノート

スキマスイッチと大橋くんとシンタくん、時々秦くんのブログ♪      最近は松室政哉くんもイチオシ!コメントいただけると嬉しいです!

“Signed POP” TOUR 2013@名古屋、感想

梅雨というのに晴れ続きで、冬物の洗濯を毎日やってます。。。(今更?! 笑)
みなさま、いかがお過ごしですか?

先週の金曜日には、秦くんのワンマンライブ初体験でした。
もっと早く感想を書きたかったんだけど、我が家は週末から昨日までイベント目白押しで、
やっと今日ゆっくり感想を書いてみようかと思って。

我が家のイベントとは、昨日娘が二十歳の誕生日を迎えた事。
金曜日は一緒に秦くんのライブへ行って、土曜日にはプレゼントを買いに行き、
日曜日には毎年恒例のお店で前祝いの食事(娘の希望)をし、
昨日は昨日で、誕生日当日だからと家でお寿司とケーキでお祝い。
出掛けてばっかりでバッタバタだったから、秦くんのライブの記憶は薄れてきた(^^ゞ

まぁ、感想をちょこっとって事で、あしからず。。。m(__)m
大したことかけなくてゴメンなさい。。。
そして、勝手な私の感想なので、読まれる方ご覚悟を。。。





セトリは、一緒に参加したHさんより。
いつもスミマセン!!! 
合ってると思うんだけど、きっと違ってもわからないんだよ・・・私。







以下、完全ネタバレです!!!!!














M 01 グッバイ・アイザック
この曲が一番に来るとは思わず、予想外のいきなりテンションアップ!
秦くんのライブでこんな事になるなんて・・・驚き!
秦くんの曲ってノリノリになる曲が少ないから、この曲は貴重だよなぁ~と。


M 02 トラノコ
この曲めっちゃ好き!!! 
この曲を歌う秦くんがかわいくて(←いつも母目線)見とれた(〃∇〃)
早口のとこなんて、最聴きの衝撃はどこへやら。
「こなれてきたなぁ」とか思っちゃったもん。
頭の中にPVが浮かんでるから、曲聴きながらダブルで微笑ましい。


M 03 鱗(うろこ)
実は、キミメグからCD買ってる割に、最初の頃は秦くんにどっぷりハマってなくて、
(明らかにハタクヤ目あて 笑)、2008年の西武ドームオーキャンの後に
僕らの音楽かなんかで鱗歌ってた時に、急にすっごく曲が沁みてきて、
この曲は私にとっては秦くんにハマるキッカケ曲だったから、とにかく嬉しかった。。。
鱗を歌う秦くんに、当時どれだけ癒されてた事かってぐらいだったし。
選曲してくれて、本当にありがとうm(__)m


M 04 May
この曲は、私の中では奥さんとの事を歌ったと思い込んでたりするから、
天気の良い風景が勝手に見えるような気がしてて、
そのイメージは、スキマスイッチで申し訳ないけど、
「雨待ち風」のシングル特典の、長野に向かう時のきれいな山並みの映像。
あれも5月に撮影に行ってるはずだから、ちょうどそのイメージなんだなぁ。
ライブ中にも、秦くんの後ろにそんな風景が見えた気がした。。。


M 05 現実は小説より奇なり
この曲が、どんなふうにライブで歌われるのかが・・・興味津々だったけど、
名古屋はツアー後半だったし心配いらなかったなぁ。
頑張ったね、ホントに上手いよね、秦くん。
最初の方の歌詞を、なぜだか勝手に「午前5時」と思い込んでたのに、
本当は「午前2時」で、一人で「なんで?!5時じゃないのっ!」って実は慌ててたという。


M 06 アイ(秦、弾き語り)
この曲は、私はそんなに好きじゃないんだけど・・・(ゴメン!)、よく歌ってるよね。
曲についてというか、秦くんはやっぱり弾き語りで一人でやっても、本当にサマになる人
なんだなぁと、これを聴きながらそう思った。 
それまでバンドだったのに、急に一人になっても全然寂しく感じさせないというか、ね。
そういうとこ、スゴイ人だよ、本当に。


M 07 虹が消えた日(with 光太郎)
これが始まった途端に、このPVが見えてきた気がしたなぁ・・・(そればっかり)。
実際の転車台も見に行ってて、その頃に悲しかった事なんかも思い出しながら、
良い曲だなぁ~なんて思いながら。


M 08 恋の奴隷(with 皆川)
これが聴けるとは思わなかったっ!予想外だけどすっごく嬉しかったっ!!!
「言の葉」特典DVDにこれが入ってて、それがすっごい良かったから、テンションアップ!
で、オトナになったなぁーっていう想いと、手元を離れていくような寂しい感覚とで、
母目線の自分ではフクザツな心境という・・・訳のわからんヤツでスミマセン(ー_ー)


M 09 花咲きポプラ(with カースケ&鹿島)
これ、すっごく好きなんだけど、カースケさんのポポポン(コンガ?)が大きな音過ぎて、
ずっとポポポンが気になっちゃって仕方がなくて残念だった・・・。
カースケさんのドラムが、このライブで全般的にしっかり聴こえてて、それがこの曲の時は、
かえって邪魔になるという(申し訳ないっ!)、求めすぎてて申し訳ない・・・。
この曲は、私はバンドバージョンの方が好きかも。


M 10 エンドロール
なんとなく、この曲は歌ってもらえないような気がしてたから、ちょっと驚いた。
完全にこれって冬の曲だから、今回のツアーで春過ぎちゃうとどうなのかな?って。
でも、アルバムにも入ってたし聴けて嬉しかった。 この曲、本当に好きだから。
こういう「セツナイ系」の冬の曲、本当に秦くんのお得意分野だと思う。


M 11 ひとなつの経験
この曲の特に出だしのコーラスがすっごく好きで、どうやって再現するのかと思ってたけど、
光太郎さんが頑張ってた!まぁ、そうなっちゃうよね、この曲だとね。
そして、秦くんがオトナにみえた・・・こんな曲もライブで歌っちゃうのねー、って。
寂しいな、母さんとしては・・・(だから、私は母じゃないって)

M 12 自画像
この曲がねぇ・・・私には理解してあげられないかも?ってずっと思ってた曲で、、
でもライブで聴いたら、秦くんがこの曲をアルバムに入れた理由が少しわかった気がした。
もちろん、この曲を聴いた最初から頑張って作ったなぁとは思ってたけど、
そうじゃなくて、秦くんの想いがこの曲に詰まってるのかな?って思えた。
光太郎さんのトライアングル(やってたよね?)と、アウトロの秦くんのすべてが、
めちゃめちゃステキだった。この日のライブで一番!って思った曲だったかも。

M 13 Girl
アルバムの中でも好きな曲。やっぱりどう考えても娘に向けた曲としか思えない。
ライブで聴いた時もそう思いながら聴いてたけど、あながち間違いじゃないはず。
爽やか秦くんで、本当に今の季節にピッタリ!


M 14 キミ、メグル、ボク
牛乳飲んでる、寝起きの秦くんが浮かぶ(笑)PVばっかりでゴメンなさい!
この曲は生で何回も聴いてるけど、やっぱり安定感(安心感?)あるなー、と。
スキマでいえば「全力少年」のような、頼りになる初期の曲って感じで、
今までに聴いてきた時の、いろんな事を思い出しながら聴いてました。


M 15 FaFaFa
最新アルバムで一番最初に大好きになった曲。
この曲を一番楽しみにしてたかもしれないってぐらい好き。
どうやって歌うのか、どんな顔で2番の歌詞を歌うのか(*・・*)、
もうずっと秦くんをガン見(///∇//)
アップテンポでもなんでも、こういう情けない歌詞を歌わせたら、
本当に映える人なんだなぁ、秦くんって。
ちとせちゃんにもなごり雪の時に言われてたけど、
情けない男を歌わせたら右に出るものはいないって、ホントに!


M 16 初恋
これもPVが浮かぶ曲で、カースケさんを結構観てた気がするなぁ。
アルバムの中では(最近の曲では)そこまで好きな曲じゃないんだけど、
ドラムとエレキが本当にカッコイイと思う。


M 17 Dear Mr.Tomorrow
秦くんがループ(加工?)させたドラムの音を、
カースケさんが今まさにそこで再現してるのが嬉しくて、
あー、あのCDの音がこんな風になるんだなぁって、
そんな事ばっかり考えながら聴いてた気がする。


M 18 綴る
この曲がね、ライブで聴く前は子ども向けた曲だと思ってたんだけど、
生で聴いたら、奥さんに向けた曲だったかな?と思い始めてきた。 
なんとなく、勝手にだけど。
そして、私も綴らなくては・・・と思った。 
いつ、何が起こるかなんて、誰にもわからないしね。


Enc
01 Hello to you(秦、弾き語り)
この曲がどこでやってくるのかと、ちょっとひやひやしてたんだけど(^^ゞ
ここでしたか。やってくれて良かったー。
短めの曲だけど、秦くんの今の気持ちをストレートに歌ってる曲だと思うから、聴けて幸せ。
秦くん、これからもこんなファンだけど、どうぞよろしくね。って思いで聴きました。


02 言ノ葉
ライブ前はこの曲ばっかり聴いてて、本当に好きだったから、タイミングよく聴けて良かったー!
最初に聴いた感想は、CD音源を忠実に再現してるなーって事だったんだけど、
鍵盤担当の人がアレンジしてたんだし、そりゃ忠実再現しやすい環境だったんだと思う。
CDでいうと、30秒ぐらいから1分過ぎまで続く鍵盤和音がこの曲のカギだと思ってるんだけど、
秦くんがこの曲を鍵盤で作ったと聞いて、これが最初っから入ってた音なのかな?って思ったら、
自分が好きになる人の好きな音と、自分の好きな音は似てるもんなんだなーと実感。
要するに、この和音が好きな人が作った曲を私が好きだってことは、
同じ和音が心地良く感じるって事で、秦くんの事が好きな事も納得できた。


03 月に向かって打て
この曲、実は少し前まで存在自体忘れてた曲で、
ライブ数日前娘が聴いてたitunesで『何?これ!」って。
シングルのカップリングだったんだよね?
持ってるはずなのにあんまり聴いてなかったから、
この曲だけ今回のライブで次の歌詞が全然浮かばなかった。
だから、新鮮だったかもしれない。


04 水無月
この曲が聴けるとは!アルバムにも入ってたんだねー。
なんかシングルのイメージだったから。
一日違いだったけどまさに今が水無月の季節だったから、
そういう意味では今回聴けて嬉しかった。
すごく好きな曲だったから、本当にありがとう。



全体的には、カースケさんのドラムがすっごく音が安定してて、
きれいに聴こえてて良かった。
ドラムの音が好きだからなのか、カースケさんの事も結構観てたかも知れない。

どの曲だったか忘れたけど、ライブ最初の方の曲で1番の最後秦くんが頑張って
まだ歌ってるのに、光太郎さんのギターソロが思いっきり被さってきたのが残念だった。
秦くんの声は強い音には負けてしまうから、まだ聴いてたのに・・・って思えて。
秦くんもまだ歌ってんのに・・・ってなってなかったのかな?と思ったりして。

秦くんのワンマンライブを初体験して、やっぱり秦くんって真面目、って思った。
三男にしては珍しくない? 多分元々の性格なんだろうけど、
ツアーも随分後半だったのに、そんなに冒険したりしてなかったよね?
いや、もしかしてあれでも冒険だったのかか?
「自画像」ではかなりスゴかったんだろうけど、良く言えば安定してる?って事?
私としては、もっともっと弾けてくれてもいいかなーと思った。
ただ、大橋くんみたいに、壊れちゃうんじゃないかって心配になるようなのは、
心臓に悪いのでほどほどで。 ワガママなファンでゴメンねー。

あとは、秦くんが成長したなーって思えた。
お兄ちゃんからお父さんへ移行したような、なんか貫禄が出てきたなって。
あ、体型じゃないよ! 雰囲気がね。
でも、もうちょっと殻を破ってみてもいいのかなーって思う。
今後、期待してます(^O^)

そして私は、今度はGMツアーに行ってみたい。
そんなふうに思えた、今回の初ワンマンライブ参戦でした。


以上、ホムグラ会員でもない私があれやこれや書きまして、
がっつりファンの方からしたら、お怒りの感想もあったかも。
でも、秦くんは息子のような感覚で応援していきたいと思ってますので、
今後もどうぞよろしくお願いします。




BGM:「Documentary」by秦基博
   「SEA」を生で聴いてみたいなー。 今更無理か。。。







[ 2013/06/05 12:58 ] 秦基博 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する