ワタクシノート

スキマスイッチと大橋くんとシンタくん、時々秦くんのブログ♪      最近は松室政哉くんもイチオシ!コメントいただけると嬉しいです!

長澤知之“IN MY ROOM”TOUR 2014(11/19名古屋TOKUZO)

またしても、ブログを書かずにきてしまった・・・。
週末も含めて出かけていたのが多かったと言えばそれまでだけど、
書きたいことはたくさんあったけど、たくさんあるからこそ、
少し間が空くと書きたいことがあり過ぎて、
どれから書いていいのかわからなくなってくる。

で、書くのを先延ばしにすると、その間にまた書きたいことが出てきて、
それを書こうとすると、それには前の気持ちも一緒に書かないと
今回の内容につながらないと気付く。。。
そうなると、あれもこれも書かないと先へ進めなくなり・・・、
それは無理、と結局書けない事になってしまう。

しかも、前は娘は自分のパソコンを使っていたけど、今は使えないから、
私の書きたいときに、娘の大学の提出レポートなんかが重なってくると
・・・もう何日も触れない!
娘とパソコン使いたい時間が被ってしまうと、もうどうしようもなくなっちゃう。
だって、最近の大学のレポートなんか、パワーポイントとか使うしねー。
娘のパソコンには入ってないし、エクセルもバージョン古過ぎて使えないって。


でも、今日は昨日の長澤くんのライブについて書く!
すごくすごく良かったから、今のうちに、感動が薄れないうちに書いておこう。
覚えてる限りの事を・・・。(もうすでにあんまり覚えてないけど(>_<))

ちなみに娘は、新しい長澤くんのアルバムを、ヘッドホンで聴くらしい。





この後、長澤知之“IN MY ROOM”TOUR 2014のネタバレにもなるので、
今からライブ参加されるかたは、この続きをお読みにならないように。。。












まず、私はIN MY ROOMのライブは初めて。
話には聞いていた(本人が語ってた)けど、
長澤くんが一番リラックスしてライブやれる環境は、
少し散らかった自分の家に人を招く感じらしく、
セットとしては、風に揺れるカーテンがかかる窓があり、
ソファがあり、スタンドライトあり、ステージの真ん中にはなんと丸いちゃぶ台。
そこに座って歌うようなセッティング。(ある程度は知ってたけどね)

ソファの背もたれには、クリスマスツリーにつけるようなライトが置かれてるし、
ステージの両端には、長澤くんの描いた絵が飾られていたり、
ステージ上のあちこちには紙に印刷された歌詞が散らばってる。
そういう環境で観るライブは初めてで、どんなふうになるのか予測不可能。


で、長澤くんは、黒と薄いグレーのストライプのセーターに、
黒いサルエルっぽいパンツ。頭にはニット帽といういでたち。
本当にこのままどこかを散歩してそうな雰囲気で、小さなコンビニの袋を持って、
背中にはソフトギターケースを抱えて帰宅(実際はステージに登場)。

コンビニ風の袋を床に無造作に(笑)置いて、ギターを置いて、
「ただいまー」ってちゃぶ台の前に座った。
長澤くんの「ただいま」に、会場からはもちろん「おかえりー!」という声。
「実は名古屋に住んでたんですよね(笑)」なんていう冗談も。
というか、そういう雰囲気でやるよって事ね。
もちろんみんなはそれを承知の上で、クスクス笑いながらも受け止めてる。

ここまでで、なんかユルくていいなぁ~と思った。
長澤くんが今までで一番リラックスしてる姿を観れたかな?と。
長澤くんのワンマンのライブは3回目(弾き語り、バンド、そして今回の)だけど、
今までで一番いい感じっぽい。
歌うのは楽しそうでも、妙な緊張感が表情に出てたりすることもあって、
そういうのは嫌いだろうなと思ってたし、自分が一番楽しくリラックスして歌える環境を
事務所に?なのか、マネージャーに?なのかわからないけど申し出て、
それをIN MY ROOMとしてやって、きっとうまくいったから、その雰囲気をそのまま
今回のツアーに持ってきてくれたのかなーって、それが嬉しかった。
長澤くんって、自己分析がちゃんとできてる人で偉いな。

元々トークは苦手なのか、昨日は一人でギターをガンガン弾きながら、
次々にたくさん歌ってくれた。ピックも使ってたときあったよね!

「30歳になったので「三年間」やります」って笑わせてくれたり(3の倍数だから?)、
「歌うけど歌詞にあんまり自信がないから、ダメになったら一緒に歌って
助けてほしい」と言ってみたり、「名古屋の結婚式はお金がかかるんだって?」
という話を自分から振っておいて、いろいろな事を聞いた揚句、
最後は「やっぱりこの話ししなきゃよかった」って言うし!
真面目な長澤くんだけど、リラックスして歌ったり話せたりしてて、
とにかく、終始すごくいい雰囲気だったー。


私が聴きたかった曲もたくさんやってくれたの!!!
三年間、黄金の在処(これはイントロで泣けた・・・)、風を待つカーテン、
EXISTAR(なんとアコギで!カッコ良かった!)、はぐれ雲けもの道ひとり旅、
回送、長い長い五時の公園、ねぇ、アリス、狼青年、真夜中のミッドナイト、ハレルヤ、
新しいアルバムからは、只今散歩道、いつものところで待ってるわ、そこぬけ、バニラ。

長澤くんが何曲か書いて紙ヒコーキ飛ばして、受け取ったお客さんが決めた 静かな生活、
意外な展開だった フラッシュバック瞬き、コール&レスポンスの 誰より愛を込めて、
紙ヒコーキでは選ばれなかったけど、結局やってくれた おやすみハッピークリスマス、
順番バラバラだけど書いてみた。とにかく本当に中身の濃いライブだった。
好きな曲がどんどん出てきて、本当に長澤くんの部屋に行って、
リラックスしてるのを聴いてるようで嬉しかった。

特に一番私が嬉しかったのが、「左巻きのゼンマイ」で一緒に手拍子できた事と、
念願の「コーデュロイ」が聴けた事。

「左巻きのゼンマイ」の手拍子は前もやりたくて、
最初に行った弾き語りの、しかも今回と同じくTOKUZOでも歌ってくれたのー。
大好きだから嬉しくて、サビの部分の、ン、パパ、ン、パ の手拍子も
するもんだと思ってたのに、誰もやらず。私も出来ず。

でも、♪僕の背中にほらあるだろう 左巻きのゼンマイ♪の、
あるだろうって歌ってから、ヒョイッと半分後ろ向きになって、
左巻きのゼンマイ♪って歌った姿があまりにカワイくてステキで、
それはそれですごく良かったんだけど、手拍子したかったなーと思って
その時すごく残念だったの。そしたら今回はやってる人がいて、私もできた!

そうそう!曲の後半の部分、
♪よーぞーらー♪ ♪あーかーりー♪ ♪かぜのなかー♪も、
長澤くんが歌った後、無意識なのか返してる人が何人かいて、
私も一緒にやっちゃった(^^ゞ
長澤くん、それ聴いて照れ笑いしてたねー。この曲ホントに好き!


あともう一つの、念願の「コーデュロイ」。
多分これがキッカケで長澤くんを好きになったと思うんだけど、
それはなぜかというと、歌詞の内容が、私にとっては息子につながってる気がして
最初聴いた時わんわん泣けたのが、長澤くんを意識した最初だったんじゃないかな。

本当は男女の別れの内容だと思うんだけど、これ聴いて息子の事を想った時、
私は息子に「ありがとう」って伝えてたかな?とか、もう一回ハグしたいなーとか、
「もしも」だなんて・・・って、何度今と違う結末を想像しただろうとか思うと、もうダメダメ。

今回は季節的にも、ライブのコンセプト的にも合ってる気がして、
お手紙(またしても書いて行ったのだっ!)にも、
コーデュロイが聴けたらいいなって書いてた。
でも、手紙はライブ後に渡したから、その時は知らなかったはず!
そう思うと、もう、コーデュロイのイントロ聴きながら号泣・・・・・良い曲だー・・・。

長澤くんって、ちょっととんがってる時もあるし、
気分によっては難しい日もあると思うけど、
繊細な長澤くんだからこその、あのギターと歌、詩が本当にいいのよね。

弾き語りを近くで観てて、あの長い薬指の自由さにホレボレした。
昔からギター弾いてるからなのか、独特の指づかいだけど本当に上手いと思う。
それと、あの長澤くん自身の持つ雰囲気。
絵も描くし、芸術家肌なんだろうね、ステージ上でのオーラがすごいもん。

それと、まぁ30歳とはいえ、今回も息子を見守るような目線でありつつ、
ライブも堪能できました。
本当に、すごくすごく満足感いっぱい。。。しあわせー。。。


お手紙にも書いたし(ライブ後渡せた!)、アンケートにも書いたけど、
・・・・・・・長澤くん、名古屋に来てくれてありがとうm(__)m
また来てね。待ってるね。


さて、スキマのシングルもまだ手に入ってないし、
昨日買った「長澤知之Ⅲ」でも聴きますか!

[ 2014/11/20 22:03 ] 長澤知之 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する