ワタクシノート

スキマスイッチと大橋くんとシンタくん、時々秦くんのブログ♪      最近は松室政哉くんもイチオシ!コメントいただけると嬉しいです!

「長澤知之Ⅲ」感想覚書き

「長澤知之Ⅲ」を聴いた最初の感想を書いておきたいと思ってて、
書きたかったのに、スキマスイッチの新曲が届いたり、
ファンクラブから、辞書のように分厚くて読み応えのある本が届いたり、
いろいろと邪魔するものが多くて、でも、スキマの本より先に書いておきたかった。

というのも、前回放送の亀田音楽専門学校で、
福岡の照和が取材されてて、入り口や店内にたくさん長澤くんのポスターがあって、
あー、本当にここで歌ってたんだなぁ・・・と思うと、尚更早く書きたくて、
分厚い本を放ったらかしにして(少しは読んだけど)、先にこれを書いた次第です。


長澤くんのコアなファンからしたら、
私のこんな感想なんて、まったくわけわからん!って感じかもしれないけど、
今回のライブも素晴らしかったし、このアルバムもすごくステキだったので、
やっぱり書いておくことにしました。


以下、勝手な長澤知之Ⅲに対する私の感想。

長澤くんを聴いた事のない方に、
聴いてみようかな?という気持ちを少しでも起こさせることができれば、
それがファンとして応援してる意味も増えるかな?と思いつつ・・・。












長澤知之Ⅲ

1.只今散歩道
PVも公開されていて、ちょっと気持ち悪くなりながら観たけど(笑)、
散歩が趣味の長澤くんの、本当の姿が切り取られてできた曲っぽくて好き。
長澤くんは猫も好きらしいし、散歩の醍醐味ってその時々で出会える何かや、
見渡した時の風景にもあるから、長澤くんの目線の歌詞で、一緒に散歩してる気分♪
(いつもながらPVの影響大! 笑)
いつかこの曲聴きながら、長澤くんが勧めてくれた福岡の街を歩いてみたいなー。
あの、微妙な音の鉄琴みたいな音。。。結構毎日頭の中を回ってる。 
病み付きになるような音だねー(^^ゞ洋介さんの仕業かな?

2.享楽列車
これ、オーキャンでも聴いたかな。なんとなく、すごく長澤くんっぽいなーと思った。
長澤くんにはめずらしく?鍵盤入りの曲。この前PVも公開されたけど、
この帽子って名古屋のライブでもかぶってた!・・・って、第一印象そこなのか!って
自分にツッコミ入れたけど(笑)、聴けば聴くほど好きになる曲。
「享楽」って意味が分からず調べてみたら、「思いのままに快楽を味わうこと」だって。
こんな言葉、どこから引っ張ってきたんだろう?
長澤くんって、いつも歌詞の言葉選びのセンスがスゴイね。

3.バニラ
初聴きは、これもオーキャン?その時の印象はあんまり覚えてないんだけど・・・、
今回のCDで聴いたら、サイモン&ガーファンクルな匂いの曲だなぁって思った。
サイモン&ガーファンクルは、私の中では高校の頃にステキな思い出があって、
この曲もなんとなく若い感じの印象がして、私の思い出とリンクしててピッタリ!
この曲を弾く長澤くんの魔法使いのような指使いが、本当にステキ・・・。

4.犬の瞳 ※Binaural Recording
ヘッドフォンで聴いたけど、特別な録音方法って?・・・あんまりわからなかった。
普通とは違うってわかるけど、もっと耳元で歌ってくれる感覚になるかと思ってて、
ちょっと期待しすぎたらしいね。
この曲は昔からあるらしくて、多分今までにも何度か聴いた事あったと思うけど、
昔の曲っぽくないからなんか不思議・・・。まだまだ好きになれる余地のある曲かな。

5.シャウト
最初聴いた時ビックリしたけど
(時々あるんだー、長澤くんの曲聴いて最初ビックリする時が)、
今は本当に大好きな曲。これ歌うの大変だよね?と思うけどどうなの?
ライブの時にはこの曲の絵が飾ってあったけど(歌詞カードにも載ってるね)、
絵を見て、あーそういう感じなんだねと思った気がする。
こういう衝動的な曲が作品としてCDになるのが、長澤くんのスゴイ所だなぁ。

6.そこ
最初聴いた時、私の中では山崎まさよし的な匂いの曲だと思ったんだけど。
1番と2番のAメロのコーラスがすっごい好き!こんなのが思いつくなんて凄すぎる!
で、長澤くんのコーラスで好きなオクターブのコーラスが入ってて好き。
歌い方もなんだかゆるくて、力が抜けてて良い曲。。。

7.宛のない手紙たち ※Binaural Recording at 506号室
自分の部屋に洋介さんに来てもらって録ったらしく、
本当にリラックスして歌えてるんだなぁと思った。
「照和の中で」っていう歌詞が、私は最初「昭和の中で」だと思ってて、
昭和の時代の昔な感じに取り残されてる彼女に会いに行くのかとかってに思ってて、
後で「照和」と知ってびっくり。
最初に書いたけど、長澤くんのポスターがたくさん貼ってある照和にも、
いつか行ってみたいな。できればそこで、長澤くんの歌が聴ければ嬉しいけど。
にしても、自分の部屋でここまで大声で歌えるってのが羨ましい・・・。
私は無理だなぁ。同じような集合住宅だとは思うけど・・・。

8.そこぬけ
この前のIN MY ROOMで聴いた時に、歌詞が面白すぎていっぺんに大好きになった曲。
このアルバムの初聴きで、娘に「このアルバムで一番良かった曲はね・・・」と言ったら、
「そこぬけ、でしょ?」と見抜かれていた。なんでわかったの?って聞いたら、
ライブの時の私の反応が、隣で一番楽しそうだったと感じたから、だそうで。なるほど。
酔っぱらって作った曲らしいけど、酔っぱらってこんな曲ができるって、才能だなぁ。
私も酔っぱらうけど、そういう時って思考能力落ちてると思うんだけど。
歌詞の面白さと、メロディーのゆるさが魅力的な曲。
今度聴く時は、合いの手のコーラスしたーい!

9.いつものとこで待ってるわ ※Binaural Live Recording at 月見ル君想フ 2014.7.29
この曲は、今までに生で何度か聴いた事もあったし、
なんで音源化されないのかな?とも思ってた曲。これも古い曲らしい。
長澤くんのインタビューによると、自分の嫌いなタイプの女性を書いた曲って!
ええーっ?!・・・まぁ、負の気持ちって歌詞にはしやすいとは思うけど、
今まで何度も歌ってて、でも嫌にならなかったのはスゴイなとも思う。
ライブ音源ってところが、今までの印象通りの音源でいいのかな?
これがスタジオ録音だったらどんなふうに変化してたのかな?と思うと、
そっちも聴いてみたかった気がしたなー。


こんな感じで感想書いてみました。
私は、元々「コーデュロイ」が好きで聴き始めて、
長澤くんの曲の中では、静かでテンポ遅めの曲ばっかり好きになったけど、
だんだんいろんな曲が好きになって今に至る・・・という状況。

長澤くんを育んだ福岡という町も、
今まではチャゲアスの故郷というイメージでしかなかったけど、
最近は、長澤くんの故郷として定着しつつある場所。
長い間行ってないけど、長澤くん目線での旅をてみたいなぁと思ってるこの頃。
その時には、只今散歩道の風景を堪能したいな。

さて、今日の名古屋は雨。
午後も頑張っていきましょー!
[ 2014/12/01 12:11 ] 長澤知之 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する