ワタクシノート

スキマスイッチと大橋くんとシンタくん、時々秦くんのブログ♪      最近は松室政哉くんもイチオシ!コメントいただけると嬉しいです!

秦基博「Q&A」、初回特典ブックレット感想

日曜日に半田でソフテロを観てきたので、
気分は秦くんからソフテロへ移行中ではありますが・・・(^^ゞ、
今書いておかないと忘れちゃうので、先に秦くんのブックレットの感想を。


手に入れてない方、これは絶っ対に買いっ!と私は思うので、
是非是非手に入れてくださいませーーー!


では、衝撃の(←自分では衝撃だった・・・)私のブックレット感想を。。。

あ、内容の感想は書くけど、どんなことが書かれているかは内緒で。
みなさんご自分でで読んでみてもらった方がいいと思うから。ね♪













まず最初にパラパラと写真を見てみた。
あの秦くんが、猫ちゃんと戯れてるーーーーー!
動物嫌いのはずなのに!(笑)
・・・これについては、猫ちゃんがプロだったので大丈夫だったとの事。
スゴイね、猫ちゃん達。

猫ちゃんと向かい合って顔を近づけてる写真がめちゃめちゃ好み!
と勝手に、やっぱり息子目線だったけど最近はカッコいいわーとニヤニヤ。
だいたい息子目線って言ったって、息子にするにはかなり無理がある年齢だけど。
デビュー何年かの頃は、すごくかわいかったじゃない?
だから自然とそう思ってただけなんだけど、最近はカッコ良くて照れるわ(〃∇〃)


で、写真パラパラした後は、最初から読んでみた。
これは、デビュー9周年の年の、しかも9月9日発売だったってのもあって、
9人の人にタイトル「Q&A」にちなんで、質問をぶつけてみた企画モノ。


一番最初が、万城目学さんの読み物。
これがっ!衝撃の事実のオンパレードなのっ!!!
小説家の人らしいけど私は知らなくて、途中で読みながらこの人の事調べたもん。

そして、夜、娘が帰ってきてこれを読ませて、
「すごいんだよーーー!この人、秦くんの幼馴染なんだねっ!
大阪生まれみたいなのに、横浜に引っ越したのかなぁ。嘘みたいよね!」
って私が興奮気味に言ったら、
「だって、それ嘘でしょ?」
とバッサリ。

え?全部読んでないのにわかってたの???
えええええーーーーーっっっ?!?!?!
何でわかったのーーーーー?

「お母さんなんて、最後にフィクションですって書いてあって、
そこ読むまでホントかと思ってたのに。」
って言ったら、
「そんな事ある訳ないじゃん」
とアッサリ否定。

単純な私は途中まですっかり信じてんだけど、
こういう時、妙に冷静な娘は、読んですぐに冗談だってわかってたらしい。

いや、私だって「まさか・・・?」とは思ったよ。
だけど、次々にスゴイ事実が出てきて、
ファンでないと思いもしないような事も書いてあったと思うし、
私は半分以上信じちゃってたんだよーーー!
あとがきみたいな部分の、それも一番最後ににフィクションですって書いてるし。
ヤラレたーーー!
これが取材で書いた文章だとしたら、小説家の下調べってスゴイんだね。尊敬。


と、ここまでで自分の中のかなり力を使ってしまって(笑)、
その次からはもうヘロヘロになりながら読んだぐらい、一発目が衝撃過ぎた。




花沢健吾さんの絵と言葉。
この絵が山野楽器に飾ってあるらしいんだけど、マンガ描く人なのよね?
秦くんの声がこんな風に表現されるとは。ちょっと衝撃。
この人の言葉は私の心の中に刺さったなー。
こんな風に何かを表現できたらステキだな、と思えた言葉だった。
私ももっともっとブログ書く時頑張らなきゃ!



写真家・笹原清明さんのページ。
個人的には、「なんとも言えない」の部分をもっと掘り下げて聞きたかった・・・。
オーストラリアかぁ。新婚旅行で行ったな~。。。(そこかいっ! と言わないで!)



イラストレーター本秀康さんのページ。
これは、ちょっと意味がわからない。
秦くんの趣味の事を言ってるのか、そんなイメージだと言ってるだけなのか。
でも、この秦くんの絵は似てるねー。特徴とらえてるっ!



イラルトレーター塩川いずみさんのページ。
で、結論はどうなの? 
絵から自分で考えろ、と?
・・・スミマセン、私にはよくわかりませんでした・・・m(__)m



渋谷直角さんのページ。
まず、この秦くんが太り過ぎっ!もっとカッコいいでしょっ!!!
それが私のこのページの第一印象。 もうっ!
妄想、と最初に書かれているのに、またもや私は「見たのか?!」と
一人ドキドキしながら読んでしまった・・・。私、単純すぎる・・・(>_<)
で、実際にこんなことがあったら、秦くんはどういう行動に出るんだろうなぁ(笑)



KANさんのページ。
もう、これはね、写真に関してはいくら私でも”絶対にありえないっ”って思ったよ。
KANさんは才能に充ち溢れすぎていて、本当に尊敬するっ!
こんなことを書くのはチョチョイノチョイかな。(表現が古くてゴメンなさい)
いやぁ、KANさんと友達になりたいわーーー。きっと楽しい毎日だろうね。



ライター清水浩司さんのページ。
最初読んだ時は何を書いてるのか良くわからなくて、何度か続けて読んだ。
今でもまだよくわかってないんだけど・・・。
質問が難しかったのかな。情景は浮かぶような文章だけど。
もうちょっと読み込まないと、私には感想は書けそうにないかなぁ。



あの、ユーミンのページ。
まず、ユーミンが秦くんのブックレットに登場するなんて?!が第一印象。
そっかー、そういう間柄になれたのね。ユーミンのカバー曲も歌ってるもんね。
そういうつながりもあったか!と、一人でしみじみ考えたりもしてた。
製作中に大変な事と、その時の秦くんがどうなるか。
それを聴いて、ユーミンにの中に浮かんだ景色がすごい。
そんな事を思い浮かべられるユーミンだからこそ、名曲が生まれてきたんだなー。
そう思えたこのページでした。



そして、最後の秦くんのページ。

今思っている事、今感じている事、それが正直に書かれてるのかなーって。
アルバム作ってるみたいだし、それに向けて頑張っている合間に
映画の宣伝関連も、新曲の歌でも出演多かったし、頑張ってるなーとは思ってた。
今が頑張りどころなのかもしれないけど、身体大事にね。

という訳で、結局最後の所は母目線みたいに戻っちゃった。
今の秦くん、とっても素敵だし認知度も上がってきて嬉しい事だけど、
無理のない秦くんでいてほしいなと思わずにはいられないです。
母目線では。

黙々と、淡々と、やるべき事を一つ一つやっていそうだし、
真面目だと思うから、できない!とか言いそうじゃないしなー。
三男ってそんな感じ? いつも、ちょっと違うなと思うけど。

とにかく応援してるから。
アルバム期待してるよーーー!




BGM:「Q&A」by秦基博
   いい曲だねー。ホントいい曲。カッコイイ。 好みっ!
   いろんな方面へ広まってるみたいでなによりです。



[ 2015/09/18 12:28 ] 秦基博 | TB(0) | CM(2)
こんばんは♪
こんばんは♪
大好きとかさんざん豪語しておきながら、ブックレット手に入れていないファン失格な私です(^^;;
ジャケ写の猫ちゃんとのショットですでに悶えるほどヤラれちゃったので、戯れている姿なんて見てしまった日には卒倒しそうで怖いです(笑)
あーでも感想読ませて頂いたら見てみたくなってきましたー!
ちなみにKANさんのお人柄は詳しくは知りませんが、秦さんの話に出てくるイメージを総合すると私もお友達になってみたいなって思います。お茶目で素敵な方ですよね♪
私は実年齢が秦さんより年下なので、いつもは優しいお兄さん的な存在として見てるんですが、末っ子っぽいところがチラッと出ると「可愛いなぁ〜」と親目線になってしまいます♪(*^^)
以前はひたすら先輩から可愛がられるキャラでしたけど、最近は後輩も増えてきたからか、ちょっと頼れるお兄さんっぽい顔になってきましたよね!
今までは可愛くてキュンキュンさせられっぱなしでしたが、最近ドキッとさせられることが多い気がします。

実は私、ワンマンライブどころか秦さんを生で見たことが一度もないのです…。
あくまで秦さんが本命ですけど私も他に色々浮気してるので、むしろ本当に一筋で本気なファンの方より話しやすかったりします(笑)
お言葉に甘えてまた遊びに来させて頂きますね♪
[ 2015/09/20 21:32 ] [ 編集 ]
Re: こんばんは♪
>葉月さん
初回版、買ってないんですね!まーそれはそれかと。
そりゃ全部帰れば一番いいけど、買ってないからと言って気持ちが薄れる訳じゃないし。
でも、ブックレットはなかなかの物だったのでお勧めではあるんだけど(^^ゞ


> 今までは可愛くてキュンキュンさせられっぱなしでしたが、最近ドキッとさせられることが多い気がします。

そうそう!男の色気っていうか、カッコ良くなってきたと思うんですよね!
妻帯者になると雰囲気変わるからなのかなぁ。。。スキマスイッチもそうだった。
結婚して、しばらくしてから急に男っぽくなってきてカッコ良くなって。
これからも、どんなふうに変化するか期待!ですねっ!

本命意外に好きな人が多いとか、CD買ってないとか買ってるとか、
ライブに行ってないとか行ってるとか、そういう事関係なくお気になさらず!
またお越しくださいねー!

[ 2015/09/22 23:02 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する